夜のなかばには神様にありがとう

 

昨日ライブがあった。

やっぱりライブは楽しい。
 
ライブがあって飲み会があってそのあと部室で意味なく朝を待つのが今までの当たり前だったけど、昨日は飲み会が終わった後にあっさりと帰った。
 
僕の先輩達は4年生になると飲み会の後にあっさりとかえってしまう人が多かったから、なんとなくそれに習ってみた。
 
数日前スピードワゴンの小沢がツイッターで「しめかたがわからない夜もっと増えますように」ってツイートしてたけど、僕が今まで飲み会の後、素直に帰らなかったのはきっとそういうことなんだと思う。
僕が帰った後に何か楽しいことがあったらどうしよう。
僕が帰った後に残ったメンバーの絆が深まっていたらどうしよう。
そんなことを思っていた。
 
でもそんなことは大抵なくて3時くらいになってやることも話すこともなくなって文字通り朝を待つ時間が訪れる。
それでも僕はあの時間が好きなんだ。
 
僕は大学生らしい行為に憧れを抱いている。
深夜の高速を飛ばして海を見に行くのも、麻雀しながら下品な話をするのも、後先考えずに女の子に溺れるのも、全部かっこいい。
飲み会の後に部室に残るのもその一つ。
 
ジョゼと虎と魚達っていう映画で、妻夫木聡がセフレとセックスをした後に、大学の可愛い女の子とセックスできるかも知れないってすごく嬉しそうにセフレと話しているのが若者のすべてって感じがしてとても眩しかった。
 
でも昨日帰ったことはぜんぜん後悔していないくて、むしろ帰ってよかったとも思ってる。
 
きっと僕は少しづつ臆病になったんだと思う。
夜通しクラブでむちゃくちゃに踊るのが怖くなったし、二件目の居酒屋では財布の中身ばかり気にするようになったし、写真に写る時にイキった顔をするのを躊躇うようになった。
 
tofunaetsの水星の歌詞にこんなフレーズがある。
 
君がまだ知らぬ夜があり
僕がまだ知らぬ朝がある
 
僕は夜について十分学んだみたいで、これからは朝起きて静かな気持ちで君を思うような時間を大事にしていけたらなぁって思う。
 
最後にワンダフルボーイズの夜のベイビーって曲の歌詞を載せる。
 
 I wanna be a boy イケてなかったあの頃の僕は looking for you 探してたのさこの夜を
 
それでもやっぱり俺まだ夜好きだよ