好きな女の子にハチミツとクローバーを読んで欲しいという気持ち

恥ずかしいことだけど僕は今まで女の子の好みというものがなかった。 髪型はその子に一番似合う髪型でいいと思うし 、細い子も可愛いし太めの子も可愛い。 性格がきつい子も可愛いけど優しい子も好き。 それくらい女の子ってだけで僕は肯定していた。 でも22…

贅沢とユーモア

確か去年の夏だったと思う。 5人で京都の鴨川の川床で軽く飲みながら料理を食べている時に1人の女の子が「みんなで寝台列車に乗りたいんだ」って言ってた。 他にどんな話をしたかは全然覚えてないんだけど、その言葉だけはよく覚えている。 列車って普通は目…

夢と魔法と僕の自意識と

今日は飲み会の席で親しい友達と3杯目のグラスを片手にだらだら話すようなしょうもないことを書きたいと思います。 ただ猛烈にディズニーランドに行きたいという願望をつれづれなるままに、書きなぐります。 僕はとにかくディズニーランドが好きだ。 入場ゲ…

ニシノユキヒコの恋と冒険を読んで

久しぶりに本読んだし感想文でも書いてみます。 僕はあんまり感想を口にしたり文字にしたりするのは得意じゃないくて、どんなに感動した作品でもたいていは面白かったくらいしか言うことない。 そもそも感想文の書き方もよくわからないし。 だから感想文とい…

儚さと美しさって関係あるの?

さっきインスタのライブでアメリカ人の女の子がマリファナを吸いながらラテン系の音楽を流して歌ってるってだけの配信を見てた。 その女の子はたぶん20代前半で金髪で華奢な体をしていてとても美人だ。 アメリカ人の特有の明るいチャーミングな笑顔を見せて…

メンヘラモードでだらだら書きます

この文章は読んでも面白くないし、読んでほしいとも思わないのでそんな感じでお願いします。 ただ文章を書くことで頭の中をスッキリさせたいから書く。 鬱々とした気分だから鬱々とした文章を書こうと思う。 数年前からメンヘラって言葉が流行ってきている。…

サラリーマンと無限の可能性

就職活動が終わった。 休みがあれば給料は低くてもいいなんて言ってた僕だけど、あっさりと休みも多くて給料も多い企業に内定をもらった。 まあ実際に働いたわけではなくてネットの情報を見ただけだから本当かどうかわからないし、入社してから退社するまで…

Hello wordの感覚

#include <stdio.h> int main(int argc, char *args[]){ printf("Hello, world! "); return 0;} ぼくのブログのタイトルはHello worldって名前なんだけど、この意味はきっと情報系の勉強をした人じゃないと分からないと思う。 バンプにもたしかhello worldって曲があ</stdio.h>…

最高のパンチライン

hip-hop用語でパンチラインという言葉がある。 とくにフリースタイルバトルなんかで用いられることが多い。 フリースタイルバトルとはその名の通りDJが流すビートに自由に乗ってラップでバトルすることだ。 ここ1年くらいでフリースタイルダンジョンという番…

書きたいこと

最近ブログを書いたり消したり、投稿したり削除したりを繰り返している。 僕は多くの人に見てもらいたいからブログを始めたわけじゃなくてただ自分の現在の頭の中を書いて客観的に読めるようにしたいから始めた。 だったらネットに公開せずに家でノートにで…

もし人参が緑だったら

ぜったいみんな嫌いだよね

就活 2ヶ月

就活を始めてから2ヶ月が過ぎた。 僕の先輩に就活の話を聞くと楽しかったと答える人がいる。 またその辛さを具体的なアドバイスとともに語ってくれる人もいる。 その一方で固く口を閉ざしてなにも語ってくれない人もいる。 去年の10月ごろバイト先の先輩がや…

夜ってすごく怖くてすごく楽しい

夜遊びってのは魅力の塊だと思う。 やっぱり悪いことをしてるようなスリルと背徳感がその要因なんだと思う。 ライブハウスだってクラブだってルールにのっとって遊んでいるだけなのにハラハラする。 僕は10代で夜遊び覚えたての頃はそのスリルを楽しめていた…

銀河鉄道の夜

今日は1日家に閉じこもってベッドで銀河鉄道の夜を聞き比べていた。 峯田和伸が中心のGOING STEADYというバンドが2001年に『さくらの唄』というアルバムで発表したのが最初の「銀河鉄道の夜」だ。 GOING STEADY は解散し峯田は銀杏BOYZというバンドを結成し…

三代目魚武濱田成夫という詩人

はてなブログのアプリにはアクセス解析っていう機能があって、それを見るとごく僅かだけど読んでくれた人がいるらしい。 読んで欲しくて始めたわけじゃないけどなんか嬉しい。 ところで今日は詩人の紹介をしてみようと思う。 読んでほしいわけじゃないのに紹…

CITY LIGHTS

昨日の文章を読み直してみたがすげえ恥ずかしかった。僕は自分が書いている文章に感情移入してセンチメンタルが加速してしまうということが分かった。なかなかフラットな文章を書くのは難しいんだなあ。 昨日の文章は本当は女の子が東京に彼氏がいるってとこ…

銀色の夢に沈む夜 きみは僕だけのビューティー

4月17日は僕にとって20番目くらいに大事な日だ。 大学で初めて好きになった子の誕生日だ。 その子とは大学1年の入学直後に出会った。 彼女は隣の大学に通っていたが、僕の大学のサークルに参加していた。 僕たちはお互い全くと言っていいほどサークルに馴…

夜のなかばには神様にありがとう

昨日ライブがあった。 やっぱりライブは楽しい。 ライブがあって飲み会があってそのあと部室で意味なく朝を待つのが今までの当たり前だったけど、昨日は飲み会が終わった後にあっさりと帰った。 僕の先輩達は4年生になると飲み会の後にあっさりとかえってし…

おやすみプンプンで神様が言っていた《寂しさ》について

先日、彼女に貸していたおやすみプンプンが帰ってきたので10時間くらいかけて一気読みした。 相変わらず凄い漫画だ。 読むのは2回目で大体一年ぶりくらいなんだけど、初めて読んだ時よりいろんな意味で圧倒された。 僕がこの1年でバカみたいに本を読みまくっ…

ブログはじめます

最近1人の時間がすごく増えてきている。 僕の大好きな作家の1人である中島らもが『牢屋で痩せるダイエット』というエッセイで言っていたけど、彼曰く教養とは1人で時間を潰せる能力のことらしい。 そろそろ僕は暇だから暇してる奴らを集めて酒を飲むというい…